大阪大学EDGEプログラム

大阪大学EDGEプログラム

UPDATE

  • 概要を更新しました

NEXT EVENT

アントレプレナーシップ・スピーカーシリーズ第20回

開催日時
2016年11月22日 18:30~20:00
会  場
大阪大学吹田キャンパス 産連本部D棟2階会議室
概  要

『日本における在宅医療事業はどうして創造できたのか』

帝人で在宅医療事業を立ち上げ、この分野のトップランナーに育て上げた妹脊和男にご登壇頂きます。日本の在宅医療の歴史を振り返りながら新規事業創出の醍醐味を共有頂きます。ぜひご参加ください。

スピーカー:妹脊和男(帝人㈱ 新事業推進本部長付 ヘルス機能性食品 プロジェクトリーダ)

【スピーカー略歴】
1976 東京工業大学理工学研究科修了(人工知能の研究で修士)
帝人(株)入社 計装エンジニアリングに従事
1981 エンジニアリング研究所にて、プラント計測機器の研究開発に従事
1987 医薬事業本部にて新規医療機器の開発・事業企画に従事
血液診断、骨量計測、在宅医療機器・システム
1999 在宅医療企画部長
2005 医薬医療事業企画部長
2008 PPS(米国在宅医療会社)取締役会長
2011 帝人グループ理事 新事業開発G長補佐(ヘルスケア担当)
2012 帝人グループ執行役員 新事業開発推進G長
2014 帝人(株) 技術特別参与、新事業推進本部長補佐 兼 提携推進部長
2016 帝人(株) 新事業推進本部長付 ヘルス機能性食品プロジェクトリーダ
【講演概要】
現在、帝人のコア事業に成長している在宅医療の黎明期から現在までの姿を俯瞰する。なぜ、黎明期においては、新規事業であった酸素濃縮器など医療機器の“もの”売りビジネスが在宅医療という“こと”ビジネスに展開できたのか。技術開発、事業企画を推進してきた立場から言及する。特に、技術、ビジネスモデル(サービスモデル)の転換(オープンイノベーション)、顧客創造、の大事さについて事例を提示したい。

【コーディネーター】
松行 輝昌(大阪大学准教授)

【お問い合わせ】
メールにて edge@celas.osaka-u.ac.jp までご連絡下さい。

主催:大阪大学EDGEプログラム
後援:大阪大学全学教育推進機構
協力:大阪大学21世紀懐徳堂

応募方法
氏名、所属、メールアドレスを明記の上、件名を「妹脊氏講演会」とし、edge@celas.osaka-u.ac.jp 宛てにメールをお送りください。
一般公開無料の講演会です。
詳細はこちら

アントレプレナーシップ・スピーカーシリーズ第19回

開催日時
2016年11月10日 18:00~19:30
会  場
大阪大学豊中キャンパス 全学教育総合棟Ⅰ2階 セミナー室A
概  要

『Foresight Creation 価値を生むための方法論と組織のあり方』

11月10日のスピーカーシリーズでは行動観察で著名な大阪ガス行動観察研究所所長松波晴人さんに登場いただきます。現在取組まれているForesight Creationについてお話しいただきます。行動観察の先にある未来創造について知りたくはありませんか?

スピーカー:松波晴人(大阪ガス行動観察研究所 所長 兼 オージス総研 行動観察リフレーム本部 ビジネスイノベーション部 部長)

【スピーカー略歴】
1966年生まれ。
神戸大学大学院工学研究科修了。
1992年、大阪ガス(株)入社。生理心理学、人間工学関係の研究活動に従事
米コーネル大学にて修士号、和歌山大学にて博士号(工学)を取得。
2005年より行動観察ビジネスを開始。
2009年、大阪ガスに行動観察研究所を設立し、所長に就任。
著書に『ビジネスマンのための「行動観察」入門(講談社新書)』、『「行動観察」の基本(ダイヤモンド社)』、寄稿に『ハーバードビジネスレビュー、行動観察×ビッグデータ特集号』など。

【講演概要】
あらゆる企業・組織に「新たな価値を生む」ことが求められています。しかし、どうすれば「新たな価値」を生むことができるのでしょうか?講演では、「新価
値創造」のための方法論、そして重要なスキル、マインドセットについて、一部みなさんに手と頭を使ってもらいながら、理解していただこうと思います。また、新たに生まれた画期的な発想がアクションにつながっていくためには組織はどうあるべきか、についても解説させていただきます。「正解のない問いに答え
を出す」ことを、ぜひ一緒に考えましょう。

(構成)
1)背景
世の中のビジネスの動向+現状の課題は何か?
2)新価値創造の方法論
fact→insight→foresight→action
3)新価値創造のための組織開発
「発想」+「目利き」のための、「考え方」と「仕組み」

【コーディネーター】
松行 輝昌(大阪大学准教授)

【お問い合わせ】
メールにて edge@celas.osaka-u.ac.jp までご連絡下さい。

主催:大阪大学EDGEプログラム
後援:大阪大学全学教育推進機構
協力:大阪大学21世紀懐徳堂

応募方法
氏名、所属、メールアドレスを明記の上、件名を「松波氏講演会」とし、edge@celas.osaka-u.ac.jp 宛てにメールをお送りください。
詳細はこちら

アントレプレナーシップ・スピーカーシリーズ第18回

開催日時
2016年11月08日 18:30~20:00
会  場
大阪大学吹田キャンパス 産連本部D棟 2階会議室
概  要

『大阪箕面から世界に~ハイブランドになるまでの軌跡~』

皆さんはMISOKAという高級歯ブラシブランドをご存じでしょうか?歯磨き粉なしでつるつるに歯を磨ける歯ブラシはサイエンスとデザインの結晶です。パリで開催されるMaison et Objetなど世界的な展示会に出展し、リッツホテルなどで販売され、世界的なハイブランドになりました。歯ブラシを開発したのは何と箕面にあるベンチャー企業でした。箕面から世界へ飛び出た本物のイノベーターの生の声を聞いてみませんか?

スピーカー:辻 陽平(株式会社 夢職人 代表取締役)

【スピーカー略歴】
1972年大阪生まれ。素材メーカーを退職後、周囲の支援者の出資を元手に2007年6月、株式会社夢職人を設立。代表取締役に就任。自身が開発した特許技術を用いた、歯ブラシ「MISOKA」(ミソカ)を全国の主要百貨店、有名雑貨店等を中心に販売、本年4月累計出荷数300万本を達成。

【講演概要】
技術やアイデア、時には画期的な特許を背景に起業しても5年継続できる確率は目にしたくないような確率です。最小構成での成功を常々意識して、大阪府箕面市という一見起業には適していなさそうな街で起業して9年。歯ブラシというコモディティ製品で世界的ブランドになりつつある「MISOKA」。その軌跡を苦労話を織り交ぜてわかりやすくお話し致します。

【コーディネーター】
松行 輝昌(大阪大学准教授)

【お問い合わせ】
メールにて edge@celas.osaka-u.ac.jp までご連絡下さい。

主催:大阪大学EDGEプログラム
後援:大阪大学全学教育推進機構
協力:大阪大学21世紀懐徳堂

応募方法
氏名、所属、メールアドレスを明記の上、件名を「辻氏講演会」とし、edge@celas.osaka-u.ac.jp 宛てにメールをお送りください。
一般公開無料の講演会です。
詳細はこちら

アントレプレナーシップ・スピーカーシリーズ第17回

開催日時
2016年10月17日 18:00~19:30
会  場
大阪大学豊中キャンパス 全学教育総合棟Ⅰ 2階セミナー室D
概  要

『地域から世界に 〜新しいサッカークラブをつくる挑戦〜』

10月17日のスピーカーシリーズでは㈱今治.夢スポーツ社長の矢野将文さんをゲストにお迎えします。矢野さんは大学時代はサッカー部の主将を務め、その後ゴールドマン・サックス社に10年間ほど勤務しました。その後、起業などを経て故郷の四国に戻っていましたがサッカーの元日本代表監督である岡田武史さんとの運命的な出会いがあり、FC今治のマネジメントを行うようになりました。これまでにない形でのプロサッカーチームづくりと地域活性化にチャレンジしています。サッカー、プロスポーツ経営、地域活性化、林業、起業、外資系企業などに関心のある方だけでなくチャレンジすることに興味がある皆様のご参加をお待ちしております。

ウェブ記事「名将の元に名参謀あり‐元日本代表監督 岡田氏を支える超一流の右腕転職者とは。」
http://driveregions.etic.or.jp/interview/0004/

スピーカー:矢野将文(株式会社今治.夢スポーツ 取締役社長)

【スピーカー略歴】
東京大学大学院工学系研究科修了後、ゴールドマン・サックス証券株式会社に勤務。その後、起業や愛媛大学農学研究科などを経て2014年に株式会社今治.夢スポーツ取締役就任。

【講演概要】
矢野将文さんは現在FC今治で元サッカー日本代表監督岡田武史氏とともに地域に根ざした新しいサッカークラブづくりを行っています。大学院修了後、外資系証券会社に10年間勤務。その後、故郷である四国に戻り、縁あって岡田武史氏と出会い、プロサッカークラブの経営者となりました。今、地域からプロスポーツを通して何ができるのか、現場からの声をお届けします。

【コーディネーター】
松行 輝昌(大阪大学准教授)

【お問い合わせ】
メールにて edge@celas.osaka-u.ac.jp までご連絡下さい。

主催:大阪大学EDGEプログラム
後援:大阪大学全学教育推進機構
協力:大阪大学21世紀懐徳堂

応募方法
氏名、所属、メールアドレスを明記の上、件名を「矢野氏講演会」とし、edge@celas.osaka-u.ac.jp 宛てにメールをお送りください。
一般公開無料の講演会です。
詳細はこちら

アントレプレナーシップ・スピーカーシリーズ第16回

開催日時
2016年10月11日 18:30~20:00
会  場
大阪大学吹田キャンパス 産連本部D棟 2階会議室
概  要

『サービス・イノベーションへの挑戦-勘と経験から、科学への進化-』

スピーカー:新村猛(がんこフードサービス株式会社 取締役副社長)

【スピーカー略歴】
1990年アルバイトとしてがんこフードサービス株式会社に入社。調理、営業、人事、経営企画を経て、2003年取締役管理本部長、2013年取締役副社長(現任)。立命館大学客員教授、国立研究開発法人産業技術総合研究所人間情報研究部門客員研究員、一般社団法人関西経済同友会調査企画部会委員等を併任。筑波大学大学院博士課程システム情報工学研究科修了。博士(工学)

ウェブ記事「寿司屋バイトからデータサイエンティストへ。異色な経歴のがんこフードサービス副社長が描く「200年後のレストラン」が面白い」
http://type.jp/et/log/article/gankofood

新村氏著書
『「がんこ」の挑戦―抜きん出たおもてなしを創り出す』
https://www.amazon.co.jp/dp/4820119729 

【講演概要】
サービス産業はGDPの70%以上を占める重要な産業であるにもかかわらず、労働生産性が低いことが大きな課題となっています。熟練従業員(職人)の勘と経験に基づいてサービスを設計、提供してきたことがその大きな要因とされてきましたが、21世紀に入り、生産性を上げるための科学的・工学的アプローチの導入が世界中の潮流となり、急速に研究が進展しつつあります。本講演では、労働集約型サービス産業におけるサービス工学の適用事例について概説します。

【コーディネーター】
松行輝昌 大阪大学准教授

【お問い合わせ】
メールにて edge@celas.osaka-u.ac.jp までご連絡下さい。

主催:大阪大学EDGEプログラム
後援:大阪大学全学教育推進機構
協力:大阪大学21世紀懐徳堂

応募方法
一般公開無料の講演会です。

氏名、所属、メールアドレスを明記の上、件名を「新村氏講演会」とし、edge@celas.osaka-u.ac.jp 宛てにメールをお送りください。
詳細はこちら

PathosLogos For Innovation

開催日時
2016年10月04日 18:00~21:00
会  場
【場所】大阪大学 豊中キャンパス 全学教育総合棟Ⅰ
ステューデント・コモンズ 2階 セミナー室B(最寄り駅:阪急宝塚線石橋駅、大阪モノレール柴原駅)
http://www.celas.osaka-u.ac.jp/access
概  要

「未来思考」「本質思考」の獲得に特化したイノベーションを起こすために必要な21世紀型の教養プログラム。
7回の講座の中で、イノベーションを起こす人のための基礎となる未来の予測、想像力の養成とその実行に必要な人を動かすスキルの実践の連続を行います。

講座内では、毎回異なるテーマで、事前に調査してきたメンバーでディベートやディスカッションを行い、なぜ企業は存在するのか、社会にどのようなイノベーションが必要なのか、大学や学問とどう向き合うべきなのか、といった社会の在り方や大学時代の過ごし方と向き合います。

例えばある回では、自動運転が発達する社会で必要になってくるサービスや製品は何か、そのサービスや製品を作るためには、どのような知識・経験を得る必要があるのかなどを、複数の企業の立場に立って議論します。これから自分たちが主体となって社会に影響を与えていく2020年~2050年の未来の社会を、自分で主体的に学んできた知識をもって予測、想像することでイノベーション教育の土台となる、自ら学びを設計していく力・視点を鍛えます。

またアリストテレスの弁論術に登場する「パトス(感情)」「ロゴス(論理)」「エトス(人徳)」に準じてイノベーションを起こすために必要な人を動かすためのコミュニケーションを学び、実践します。

【日程】以下の火曜日18:00~21:00(全7回)

≪開講日≫
10月4日(火)、11日(火)、18日(火)
11月1日(火)、8日(火)、15日(火)、29日(火)

※基本的に全日参加できる方、場にコミットできる方がご応募ください。

【対象】大学生、大学院生:所属大学、学部不問

【定員】
60名
応募多数の場合は参加者の属性のバランスなどを考慮して選抜を行う場合があります。

【形式】
グループディスカッション、ディベート、レポート、論理思考100本ノックなどチームまたは個人のアウトプット主体の内容になります。そのため海外大の授業のように授業外に相当の事前インプット量(毎週5時間程度が目安)が必要になります。
※読書や考えることが嫌な人、発言が嫌な人には苦痛な形式ですが、苦手意識があって、これを機に改善したいという方は歓迎です。

【講師・プログラム開発】
佐藤文亮
株式会社ワークスアプリケーションズ 人材開発室長

【講師略歴】
株式会社ワークスアプリケーションズ人材開発室 室長
名古屋大学 非常勤講師、早稲田大学 立教大学ゲストスピーカー

慶應義塾大学商学部卒業。独立系ITコンサルティングファームへ入社し、流通小売のプロジェクトにコンサルタントとして携わった後、転職。
ビジネスソフトウェア業界トップの株式会社ワークスアプリケーションズの世界中から年間8万人のエントリーを集める採用部門で、社内最多となる新規企画の立案・実行を行う。
現在は日本や世界における採用領域の見識を生かし、21世紀に必要とされる技能を伝え、育成するために産官学連携で新しい教育の形を創っていく人材開発室を立ち上げ、責任者を務める。

【コーディネーター】
佐藤浩章 大阪大学全学教育推進機構
松行輝昌 大阪大学全学教育推進機構

【講師よりメッセージ】
本プログラムは、講義内でのアウトプットが前提となるため、
各自が主体的に学んだことを共有し、時に激しく議論を行いながら
物事を深く、広く考える機会を、参加者全員で創り上げていく場になります。
場から自分の欲しい情報だけを取っていく方や評論するタイプの方ではなく、
共に場に価値を創る気概のある方、発言や行動をもって
積極的に場に貢献しようとする方の参加をお待ちしています。

【受講料】
無料

応募方法
edge@celas.osaka-u.ac.jp宛に以下を明記の上、件名を「パトスロゴス」としてご連絡ください。
①氏名、②大学/学部名/学年、③研究分野
詳細はこちら

博士のすすめプレイベント ~阪大CLIC発 6人のキャリアパス~  開催のお知らせ

開催日時
2016年10月01日 13:00~15:00
会  場
大阪大学吹田キャンパス テクノアライアンス棟1F テクノアライアンスホール
概  要

産学連携本部イノベーション部では2008 年度から12 年度にかけ、博士後期課程在籍者・PD を対象とするインターンシッププログラム(CLIC インターンシッププログラム)を実施し、これに96 名が参加しました。
イノベーション部では修了生のコミュニティーを整備し、博士自身が現場からの目線で、博士課程の魅力、インターンシップがもたらした効果などを『シリーズ・博士のすすめ』として発信したいと考えています。

つきましては、そのプレイベントという位置づけで、今回はパネルとして、インターンシップ修了生5名とインターンシップの事務局スタッフとしてプログラムを経験した 人1人の、合計6 人に参加していただきます。
ディスカッションでは、現在の活動を報告するとともに、フロアも交えて博士課程、インターンシップ参加などについて「振り返って感じる効果・魅力」を議論・確認します。
博士人材が活躍できる場は、一般的に信じられているよりずっと多い
この事実を発見できる2時間になるはずです。

教員・学生問わず、博士人材の魅力についてご関心のある方、是非奮ってご参加ください。

————————————————————————————-
□参加対象者:大阪大学教員、他大学教員、大学院生、学部生など30人程度

□スピーカー
・上原雅行(セイコーエプソン株式会社 技術開発本部 主事・信州大学医学部招聘研究者)
・甲田春樹(株式会社 電通 関西MCプランニング局)
・小泉元宏(立教大学 社会学部 准教授)
・朱喜哲(株式会社 電通 関西プロモーション・デザイン局・大阪大学 文学研究科 博士後期課程)
・田中俊徳(東京大学大学院 新領域創成科学研究科) 
・若林真美(株式会社コーエイ総合研究所 地域・社会開発部)

□議論テーマ
・インターンシッププログラムで得たことは、その後のキャリア展開において有効であるか
・社会(アカデミア以外)に出てから、Ph.Dを持つ意味
・社会に出た後も博士としての力を維持していくには
・学外での博士の活躍を学内の博士人材に有効に伝える方法
など

□フライヤ
博士のすすめ

□お問い合わせ先 clic-commu@uic.osaka-u.ac.jp

応募方法
件名を「1001博士のすすめ」とし、①氏名 ②所属 ③研究分野 ④職位・年次をお書きの上、9月30日(金)正午までにclic-commu@uic.osaka-u.ac.jp宛に送信ください。
詳細はこちら
EVENT MORE