大阪大学ロゴ

公募情報/支援情報等

  1. Home
  2. 教職員の方
  3. 公募情報/支援情報等



■【終了】未来共創思考サロン公募

2018年度 未来共創思考サロン活動支援プログラム
■概要:
本プログラムは、大阪大学の特徴を活かした社会にインパクトある大型産学共創コンソーシアム注1の組成準備につなげるための支援制度です。そのために本プログラムでは、新たな社会ニーズ・社会課題の発見や、当該社会ニーズ・社会課題の解決に向けた異分野融合・異業種融合によるチーム組成を促進する、大阪大学の研究者を中心とした産官学民による会議・ワークショップ・サロン等の活動(以下、「未来共創思考サロン活動」と呼ぶ。)を支援します。 注1)下記の①または②の要件を満たす大型共同研究プロジェクト(共同研究講座、協働研究所、協働ユニット等の組成、またはJST、NEDO、AMED等の大型公的資金事業への採択) ① 領域の異なる複数研究者と企業等注2が相乗効果を生み出すもの ② 複数の企業等注2が相乗効果を生み出すもの 注2)本プログラムにおける「企業等」には、一般企業に加え、NPO法人、一般社団法人などの法人を含みます。

■申し込み締め切り:2018年6月29日(金)

■日程:
・公募開始:2018年5月23日(水)
・申請書提出期限:2018年6月29日(金)
・採択案件の決定通知:2018年7月20日(金)ごろ
・交付決定:2018年7月27日(金)ごろ
・助成期間:交付決定日から2019年3月29日(金)


■お問合せ:大阪大学共創機構 産学共創本部(担当:中村)
e-mail:salon@uic.osaka-u.ac.jp
TEL:06-6879-4206

公募要領

様式


■科学技術の事業化プロジェクト

シリコンバレー流 スタートアップ手法を学ぶ実践型講座「リーンローンチパッドプログラム」
■概要:
本場米国シリコンバレー流のスタートアップ手法を学ぶ実践型講座です。
実際の顧客候補企業とマンツーマンでフェイス・ツー・フェイスのインタビューを行い、新事業・イノベーションに導くことのできるビジネスプランに落とし込みます。
大学発技術を用いて、研究成果から新規事業を生み出す実践スキルを習得できるプログラムです。
大阪大学等で開発中の科学技術の商業化プランを描く実践を通じて、用途や市場創出可能性が不明確な段階の研究成果から有望な用途を見出し、事業化・イノベーションに導くスキルを獲得しませんか?

■申し込み締め切り:2017年9月8日(金)

■日程:
2017年
9月23日(土)~24日(日)(合宿)
10月 7日(土)10~17時
10月21日(土)13~17時
11月19日(日)10~17時
12月17日(日)13~17時

■受講料:
学生(他大学を含む)および大阪大学教職員: 無料
他大学・公的研 究機関の教職員:3万円
その他:6万円

■講師:
堤孝志 氏(ラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社代表取締役)
飯野将人 氏(ラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社代表取締役)

■会場:
ホテルコスモスクエア国際交流センター(合宿)
大阪大学 吹田キャンパス テクノアライアンス棟(合宿以外)

■申し込み:
https://jp.surveymonkey.com/r/SPRP5NR

■お問合せ:大阪大学 産学共創本部(担当:片木)
e-mail:LLP2017@uic.osaka-u.ac.jp
TEL:06-6879-4875

LLP2017
【終了】科学技術の事業化プラニングを国際チームで実践するG-TEC2017
趣旨:
2011年度から実施し、民間企業・大学関係者・学生の皆様から好評いただいてきたG-TECは、今年も参加者(7期生)を募集します。
本場米国ビジネススクール講師によるファシリテーションのもと、大阪大学等で開発中の科学技術の商業化プランを描く実践プロジェクト等を通じて、用途や市場創出可能性が不明確な段階の研究成果から有望な用途を見出し、事業化・イノベーションに導くための提案力・交渉力を高めませんか?

申し込み締め切り:2017年7月31日(月)

日程・参加費:
※両方セットでの参加をお薦めします。
・午前のInstructions on Technology Assessmentの聴講:8月21日(月) ~ 25日(金) 6万円(UNITT会員は5万円)
・Technology Assessment Team Projectへの参加:8月21日(月) ~ 26日(土) 6万円(UNITT会員は5万円)

講師:Ashley Stevens,D.Phill(Oxon), CLP ,RTTP(国際認定・技術移転プロフェッショナル)米国ビジネススクール講師/AUTM元会長

会場:大阪大学吹田キャンパス テクノアライアンス棟1階 交流サロン

プログラム詳細:こちらを参照

申し込みはこちら
<日本語で登録する>https://jp.surveymonkey.com/r/ZBHKFTF
<英語で登録する>https://jp.surveymonkey.com/r/58D39QN

お問合せ:大阪大学 産学共創本部(担当:高橋)
e-mail:gtec@uic.osaka-u.ac.jp
TEL:06-6879-4206


■研究資金等の公募情報

国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
【終了】■平成29年度「未来社会創造事業」(探索加速型・大規模プロジェクト型)
事業HP:http://www.osaka-u.ac.jp/ja/research/researchinfo/2017/20170719_01
公募〆切:2017年07月19日正午(研究者自身によるe-Rad申請)
研究分野:全分野

申請に興味がありましたらお気軽に産学共創本部イノベーション共創部門(担当:西嶋・鍵谷)までお問合せください。経営企画オフィスURA部門と協力しながら、支援させていただきます。
お問合せ窓口担当:西嶋・鍵谷
e-mail:iucc_info@uic.osaka-u.ac.jp
TEL:06-6879-4875
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
【終了】■平成29年度「未踏チャレンジ2050」
事業HP:http://www.osaka-u.ac.jp/ja/research/researchinfo/2017/20170718_01
公募〆切:2017年07月18日
研究分野:理工系

★追加情報★
申請に添付を義務付けられている、公募申請書【様式8】「産学官連携による共同研究強化のためのガイドライン」の活用状況については、産学共創本部にて用意しております。
申請に興味がありましたらお気軽に産学共創本部イノベーション共創部門(担当:西嶋・鍵谷)までお問合せください。
お問合せ窓口担当:西嶋・鍵谷
e-mail:iucc_info@uic.osaka-u.ac.jp
TEL:06-6879-4875
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
■ AMEDからのお知らせ(ブースター)

創薬ブースターでは、研究者が保有する医薬品として実用化の可能性が高い創薬シーズを対象に支援を行っています。 関係各位の皆様に、貴機関に所属する研究者の方々への本事業の周知とシーズ提案に向けた働きかけ等を積極的に行っていただきたくご連絡申し上げました。

本事業の次回のスケジュールについてお知らせいたします。
シーズ提案は、随時受け付けておりますが、評価は年に数回まとめて実施しております。


【スケジュール】
1.次回の提案書送付の〆切は、平成30年8月24日(金)です。
*平成30年8月25日以降に受付けました提案書は、次々回以降順次評価いたします。
2.受け付けたシーズ提案書について、AMEDにおいて創薬の実用化の観点から様々な科学的評価を実施します。支援に向けて、提案書の内容についてさらに詳しくお話を伺う場合には、9月下旬~10月上旬頃に面談をお願いいたします。面談の対象の提案者の方には、9月中旬頃に面談日時等調整のご連絡をいたします。
3.面談の結果、支援対象となったシーズ提案については、契約等の手続きの後、1月頃からの支援開始を予定しております。
(手続きの状況により支援開始が遅れることもございます)
4.書類評価、面談の結果、支援にいたらなかった提案者の方には、1月上旬頃に、評価報告書をお送りする予定です。


【シーズ提案書】
シーズを提案いただく際は、指定の様式にて「シーズ提案書」を作成し、以下の宛先までメールでお送りください。

【シーズ提案書送付先】
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 創薬戦略部 創薬企画・評価課
送付先メールアドレス: id3info@amed.go.jp
ご不明な点等ございましたら、上記のメールアドレスまで、遠慮なくお問い合わせください。


【創薬総合支援事業(創薬ブースター)】
本事業における支援の内容やシーズ提案方法等の詳細をまとめた説明資料は以下をご参照下さい。

・事業案内パンフレット(学内アクセス専用):https://www.uic.osaka-u.ac.jp/in/files/pamphlet_amed_201806.pdf
・シーズ提案書(学内アクセス専用):https://www.uic.osaka-u.ac.jp/in/files/teiansyo_amed_201806.docx

また、HPにも掲載しております。
https://www.amed.go.jp/program/list/06/03/001_01-01.html
研究者の方々とこれらの資料をご確認いただき、創薬ブースターへの提案をご検討くださいますようお願いいたします。
貴施設からのシーズ提案をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。


【本件お問い合わせ】
日本医療研究開発機構(AMED)
創薬戦略部(iD3)
創薬企画・評価課
id3info@amed.go.jp

【※募集終了】大阪大学Innovation Bridgeグラント/共同研究・ライセンス支援プログラムの学内公募
本プログラムは、大阪大学の研究成果の実用化を目指し、研究成果の実用化に関心を示す民間企業との契約(ライセンス契約、オプション契約、共同研究契約、または受託研究契約)につなげることを目的とした支援制度です。

□公募要領および申請書(学内アクセス専用):https://www.uic.osaka-u.ac.jp/in/files/IBgrant_license.docx
□公募期間:平成30年4月2日?5月31日
□応募要件:本制度に申請する研究代表者は、以下の要件を共に満たす必要があります。
  ・大阪大学の教職員(特任研究員を含む)であること。
  ・本制度を通じた研究成果の実用化に意欲があること
□学内公募説明会
大型産学共創コンソーシアム組成支援プログラムと共同研究・ライセンス支援プログラムの同時開催
(吹田キャンパス)
・日時:平成30年4月17日(火)16時?17時
・場所:大阪大学テクノアライアンス棟2F セミナー室
(豊中キャンパス)
・日時:平成30年4月18日(水)16時?17時
・場所:基礎工学研究科 附属産学連携センター室 D324

□お問合せ窓口担当:大阪大学 産学共創本部 イノベーション共創部門 内
大阪大学Innovation Bridgeグラント
大型産学共創コンソーシアム組成支援プログラム/ 共同研究・ライセンス支援プログラム事務局
担当:神崎
e-mail:CoBridgeGrant@uic.osaka-u.ac.jp  TEL:06-6879-4206
大阪大学Innovation Bridgeグラント/大型産学共創コンソーシアム組成支援プログラムの学内公募(第2回)
本プログラムは、近未来の社会課題解決や社会実装したときに経済的インパクトが期待できる大阪大学の研究成果(または大阪大学と企業で現在行われている共同研究課題)を活用して、下記の①または②に示す大型産学共創コンソーシアムを組成することを目的とした支援制度です。

①領域の異なる複数研究者と企業が相乗効果を生み出す大型共同研究プロジェクト
(含・共同研究講座・協働研究所・協働ユニット)の組成、またはJST、NEDO、AMED等の大型公的資金事業への採択
②複数の企業が相乗効果を生み出す大型共同研究プロジェクト
(含・共同研究講座・協働研究所・協働ユニット)の組成、またはJST、NEDO、AMED等の大型公的資金事業への採択


□公募要領および申請書(学内アクセス専用):https://www.uic.osaka-u.ac.jp/in/files/IBgrant_consortium.docx
□公募期間:平成30年11月9日~12月28日・正午
□応募要件:本制度に申請する研究代表者は、以下の要件を共に満たす必要があります。
  ・大阪大学と雇用関係のある教職員(特任教員・特任研究員を含む。招聘教員・招聘 研究員を含まない。)であること。
   人文社会系の部局の方も申請可能です。助教など若手研究者でも研究代表者として申請が可能です。
  ・本制度を通じた大型産学共創コンソーシアム組成に意欲があること。

□学内公募説明会
(豊中キャンパス)
 ・日時:平成30年11月26日(水)16時~17時
 ・場所:基礎工学研究科 E403室
(吹田キャンパス)
 ・日時:平成30年11月27日(火)16時~17時
 ・場所:大阪大学テクノアライアンス棟2F セミナー室

□ 第1回採択課題一覧
H30年度第1回大型産学共創コンソーシアム組成支援プログラム採択課題一覧

□お問合せ窓口担当:大阪大学 産学共創本部 イノベーション共創部門 内
大阪大学Innovation Bridgeグラント
大型産学共創コンソーシアム組成支援プログラム事務局
担当:神崎、安原
e-mail:CoBridgeGrant@uic.osaka-u.ac.jp  TEL:06-6879-4206
【※募集終了】大阪大学Innovation Bridgeグラント/創薬支援プログラムの学内公募
本プログラムは、大阪大学の創薬シーズや創薬技術に関する研究成果の実用化を目指し、「商業的価値」を高め、研究成果の実用化に関心を示す創薬ベンチャーや製薬会社等との契約及びAMEDなど創薬シーズの実用化に向けた学内外の競争的資金事業につなげるための支援制度です。

□公募要領および申請書(学内アクセス専用):https://www.uic.osaka-u.ac.jp/in/files/SoyakuGrant_2018.docx
□公募期間:平成30年4月2日~5月31日
□応募要件:本制度に申請する研究代表者は、以下の要件を共に満たす必要があります。
・大阪大学の教職員(特任研究員を含む)であること。
・本制度を通じた研究成果の実用化に意欲があること。

□お問合せ窓口担当:産学共創本部 イノベーション共創部門 産学共創企画室 内
大阪大学 Innovation Bridge グラント/創薬支援プログラム事務局 金
e-mail:iucc_soyakutf@uic.osaka-u.ac.jp
TEL:06-6879-4206
【募集中】大阪大学Innovation Bridgeグラント/起業シーズ育成グラント・起業プロジェクト育成グラント
■起業シーズ育成グラント
募集要項(学内アクセス専用):https://www.uic.osaka-u.ac.jp/in/files/SSBridgeGrant2018.pdf
申請様式(学内アクセス専用):https://www.uic.osaka-u.ac.jp/in/files/SSBridgeGrant2018.docx


■起業プロジェクト育成グラント
募集要項(学内アクセス専用):https://www.uic.osaka-u.ac.jp/in/files/PJBridgeGrant2018.pdf
申請様式(学内アクセス専用):https://www.uic.osaka-u.ac.jp/in/files/PJBridgeGrant2018.docx


■詳しくは出資事業推進部門のホームページもご参照ください

■問い合わせ先
  〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-8 テクノアライアンス棟A410
       大阪大学 共創機構産学共創本部 出資事業推進部門内
       大阪大学-起業シーズ/プロジェクト育成グラント 事務局
       電話:06-6105-5918 (藤本)
       Email: SSBridgeGrant@uic. メールアドレスの後ろにosaka-u.ac.jpを付加して送信してください。
省庁、自治体、公益財団法人等の政府系団体
情報を入手次第、案内いたします。
民間財団等の団体
ベーリンガーインゲルハイム創薬関連の起業支援プログラムのご案内
  詳細は下記のURLまたはPDFファイル(学内アクセス専用)を参照してください。
  https://www.boehringer-ingelheim.jp/bi-academy

  (学内アクセスのみ)BI Academy and Innovation Prize.pdf


■製薬企業からの共同研究提案

製薬会社のオープンイノベーションプログラム・Wish List

製薬会社のオープンイノベーションプログラム (それぞれ外部サイトにリンクしています)

企業名 名称 URL
アステラス製薬株式会社 a³ (エーキューブ) https://astellas-swift.secure.force.com/acube/index
EAファーマ株式会社 創薬パートナー募集 http://www.eapharma.co.jp/openinnovation/
日本イーライリリー株式会社 OPEN INNOVATION
DRUG DISCOVERY
https://openinnovation.lilly.com/dd/
ファイザー株式会社 External Science&Innovation(ES&I) https://www.pfizer.co.jp/pfizer/development/innovation/index.html
Japan Open Innovation Network(JOIN)
バイエル薬品株式会社 ・Grants4Targets https://openinnovation.bayer.co.jp/
・Collaborator Kobe https://www.colaborator.jp/
ブリストル・マイヤーズ スクイブ
株式会社
BMSオープンイノベーション https://www.bms.com/jp/researchers-and-partners/open-innovation.html
第一三共株式会社 TaNeDS https://www.daiichisankyo.co.jp/corporate/rd/taneds/
武田薬品工業株式会社 COCKPI-T https://www.takeda.com/jp/what-we-do/research-and-development/open-innovation/
大日本住友製薬株式会社 PRISM https://www.ds-pharma.co.jp/prism/
塩野義製薬株式会社 FINDS Targets http://www.shionogi.co.jp/openinnovation/ja/competition/
アステラス製薬株式会社
田辺三菱製薬株式会社
第一三共株式会社
JOINUS® https://www.daiichisankyo.co.jp/corporate/rd/open/joinus/index.html
武田薬品工業株式会社 SKIT Open Innovation https://www.takeda.com/jp/skit-oi


Wish list
ファイザー株式会社:https://www.pfizer.co.jp/pfizer/development/innovation/jp_projects/index.html

EAファーマ:(学内アクセスのみ)EA Pharma_WishList_最終版.pdf

アステラス製薬:(学内アクセスのみ)20180730アステラス製薬来訪資料.pdf

もっと見る