大阪大学共創機構

「共創」により、
社会変革に貢献する
世界屈指のイノベー
ティブな大学へ!

機構長
西尾 章治郎

「社会の支援によって創設された大学」をその原点とする大阪大学は、「University in Society, University for Society」の精神のもと、複雑かつ構造化した社会課題の解決に資する革新的な価値を創出するため、平成30年1月1日に「大阪大学共創機構」を立ち上げました。これに伴い大阪大学が新たに取り組むのは、社会の多様な担い手との「共創」による、新たな知の創出、人材の育成、イノベーションの創出です。

機構長
西尾 章治郎

大阪大学は、複数の企業との間で、最先端の研究活動に関わる包括連携契約を締結し、研究者の自由な発想による基礎研究をシームレスに応用展開を目指す「共創型連携」を全国に先駆けて開始しています。このような共創型連携のさらなる強化と発展のためには、社会との共創を通じて生み出された新たな価値から、適切な資金やリソースを確保し、それらを教育研究活動に再投資する仕組み、つまりイノベーションを軸とした「好循環システム」の構築が欠かせません。大阪大学共創機構は、好循環システムの構築に向けて、学内におけるベストチームの編成や世界に拡がる多様な組織(企業、自治体、各種団体、他大学等)との連携をマネジメントする役割を担い、大学自らが社会に対して積極的にアプローチすることで、課題やニーズに対応した教育研究プロジェクトを機動的に運用できる体制整備を支援します。

大阪大学共創機構をエンジンとして、大阪大学は、社会との連携を積極的に推進し、研究力と教育力をさらに卓越したものとすることで、社会変革に貢献する世界屈指のイノベーティブな大学を目指します。

組織

副機構長
小川 哲生
産学共創本部長
八木 康史
社学共創本部長
永田 靖
渉外本部長
吉川 秀樹

産学共創本部

大阪大学では、本学の卓越した研究成果と国内外の産業界との連携をミッションに、大学内に産業創出拠点を導く「Industry on Campus」構想のもと、テクノアライアンス棟を拠点に全国に先駆けて「共同研究講座」や「協働研究所」を設置し、産学連携活動を行ってきました。また、平成27年7月には国立大学法人による出資事業の第1号となる大阪大学ベンチャーキャピタル(OUVC)による投資ファンドをスタートさせ、「官民イノベーション」も積極的に進めています。

これらの先進的な産学官連携に取り組んできた実績をもとに、産学共創本部は、革新的なイノベーションの創出に貢献します。社学共創本部や渉外本部との有機的な連携を図り、社会課題をベースとしたニーズの発掘、社会との共創によるイノベーション人材育成、地域エコシステムの構築、知的財産の有効活用などを進め、イノベーションを軸とした「共創型連携」を実現します。

社学共創本部

大学を「知の社交空間」として、産学官のみならず広く市民社会に開き、様々なステークホルダーの交流を促進します。社会と大学とが双方向に話し合えるオープンコミュニティーにより、市民社会と持続的に協働する仕組みを構築し、多彩な文化・芸術・社会事業を推進することで、本学の「知の解放」を活性化します。また、新たな知の創出に繋げるために効果的な学術資料の保存・研究・管理・公開活動を行いつつ、市民や地域社会の抱える諸課題の解決に向け、積極的な対話を通して本学への興味や関心の喚起に努めます。さらに、大学の専門知と産業界、市民社会との協奏と共創による新たな学びの場となる、オープンエデュケーションを実現します。

もはや高等教育は大学人だけが独占すべき営みではなく、専門知と社会の「新たな統合」が求められています。この「新たな統合」により地域社会やグローバル社会の心豊かな発展に貢献することで、新しい文化を創造していきたいと考えています。

渉外本部

本学における自主的な事業や業務の継続・発展に供する自主財源の確保を目的として、平成21年、「大阪大学未来基金」のもと、基金室及び基金事務室を設置しました。この基金室及び基金事務室を平成26年に統合し、平成27年4月には「渉外本部」と改称、さらに平成29年4月には、それまで卒業生・同窓会組織とのネットワークの構築やデータベースの管理及び卒業生向けの各種イベント事業の開催を担ってきた「卒業生室」と統合しました。このように組織の強化を図りながら、本学における更なる基金の獲得、拡充に向け、一体的でより機動的、効果的な活動を目指してきました。

渉外本部は、「大阪大学未来基金」のこれまでの活動実績を基盤とした活動を展開します。すなわち、「知・人材・資金の好循環」によって、社会と大学が共創によるイノベーションを創出し、本学の教育研究の全学的かつ戦略的な推進に貢献していきます。

事業概要