大阪大学ロゴ

  1. Home
  2. 「ビジネスデザイン実践」

「ビジネスデザイン実践」

Key Word : ビジネスプラン、社会実装、スタートアップ

「ビジネスデザイン実践」
ビジネスモデル構築に必要な実践スキルの獲得(大学院生対象)

【重要】2018年度受講希望者へ

開講は秋~冬学期ですが、受講希望者の受付は4月から開始します。開講前にe-learningでビジネススキルの基礎を身につけてもらうため、本科目に関心のある方は、5月末までに下記問合せ先へ受講希望の連絡をください。

目的と概要

・技術構成の解析から事業のストーリーテリングまで、新規事業開発やスタートアップに携わる際に必要な実践的スキルを、社会人と学生の混成チームで身につけるプログラムです。大阪大学がグロービス経営大学院と協力して2017年度に開発したユニークなプログラムです。

・米国で起業家を大量に輩出する教育法「リーンスタートアップ」をモデルに、ビジネスエンジニアリング専攻で10年の実績を持つ大阪大学と、国内最大のビジネススクール、グロービス経営大学院がそれぞれの教育ノウハウを提供。大阪大学で現在開発中の科学技術を理解・分析してその有望用途を抽出し、新規事業を立ち上げる3ヶ月のコースです。

・講師は新規事業開発に携わった経験の豊富なグロービスの実務家教員や、大阪大学で産学共創に携わってきた教員が担当。大阪大学の学生とグロービスの社会人学生の混成による、多様性に富んだチームでの学習の機会を提供します。

 

■講義の詳細

・グループ編成、技術の特徴理解と有望用途抽出:大阪大学で開発中の科学技術の特徴を理解・分析してその有望用途を抽出し、適合する市場ニーズを探索する手法を学びます。

・技術の有望用途の発表、顧客課題仮説の設定:科学技術の有望用途抽出の結果を踏まえ、想定顧客とその課題についての仮説を立て、グループごとにその検証(インタビュー)を行います。

・顧客課題の検証、プロトタイプの開発:ユーザーへの聴き取り結果をもとに、技術を用いた課題の解決策を考案し、実際の試作品(プロトタイプ)に落とし込みます。

・プロトタイプの検証、ビジネスモデルの設計:ユーザーの課題解決(提供価値)を収益性のある事業へと展開するビジネスモデルの設計手法を学び、財務データを検証しながら実現可能性を高めます。

・ビジネスモデルの発表、競争戦略の策定:新規事業の立ち上げに不可欠な競争戦略やその実現のための組織体制の策定について学びます。

・事業計画のプレゼン発表:先輩起業家や投資家を審査員に迎え、事業計画立案の成果を発表します。

 

■履修に関する情報(2018年度)

【対象】

大阪大学に在学し、技術シーズベースの新規事業開発の方法論の習得とその実践に興味を持っている方。(定員12名)

【開講日時・場所】

10/3(水) 10/10(水) 18:30~ 大阪大学吹田キャンパス

10/12(金) 10/26(金) 11/9(金) 11/23(金) 12/7(金) 12/21(金) 18:30~21:40 グランフロント大阪

【事前学習】

オンライン動画学習サービス「グロービス学び放題」を活用し、プログラム参加に必要とされるビジネススキルの基礎を身に付けます。

【お問合せ先】

(COiRE事務局)ceids-jim(at)ceids.osaka-u.ac.jp

(担当教員:山本)takao(at) mit.eng.osaka-u.ac.jp

   ※(at)を@に変えてメールしてください。

(COiREホームページ)http://www.coire.eng.osaka-u.ac.jp/research/research02.html

 

※本科目は高度副プログラム「科学技術をイノベーションにつなぐために」の構成科目です。

※この副プログラムは共創機構産学共創本部が工学研究科附属オープンイノベーション教育研究センター(COiRE)と連携して実施しています。

 

お問合せフォームすべて必須

■お問合せ項目 いくつでも可

  • 共創テーマの仕組み、課題提案、参画などのお問合せ

  • 企業と研究者のマッチング、共同研究講座、資金獲得支援など

  • 特許・MTA契約など

  • 授業・教育プログラムについて、研究インターンシップについて

  • ベンチャー創出・支援など

■お問合せ内容(できるだけ具体的にお願いします)

■お名前

■所属

■メールアドレス

入力内容をご確認のうえ【確認ボタン】をおしてください。

入力内容をご確認のうえ【送信ボタン】をおしてください。